シマトネリコ 育て方
庭木 シマトネリコ


トップページシマトネリコ 育て方育て方が楽なシマトネリコ

シマトネリコ 育て方

シマトネリコ〜その人気の秘密、キーワードは育てやすさ。

’擦ぅ哀蝓璽鵑両さな涼しげな葉と育てやすい丈夫さで
近年大人気。
日なたから半日陰まで幅広く植えられますが、日陰、潮風に
も強い暖地向きの樹木です。また、植え付け後はほとんど手間
の掛からない丈夫な木です。
H松鑪仞で、お庭に爽やかな印象を与えます。
と羈單耐寒性も強く、関東以西なら地植え可能。4月以降、
排水の良い場所に植えつけます。
ト植えの場合は水切れに注意します。
γ斑論の樹なので、寒冷地では強い寒さに当てないように
して下さい。
а鯆蠅錬碍邵込み合った枝を透かすように行い、7月下旬〜
8月に伸び過ぎた枝を切り戻します。
┯胸挫呂任和臾擇飽蕕繊家具やバットの材料として使用され
るほど硬い木です。
株立ちなので、非常に立ち姿が美しく、全体的なバランスが
とても良いのが特徴。
苗木の時から鉢植えで育てているので、植え替え時に傷み
にくい。
洋風にも和風にも似合うオールマイティーな樹。どんな庭にも
フィットします。


トラックバックURL
この記事へのコメント
1. 吉田 里司   2008年06月24日 10:09
北側の玄関側に四年程前樹高四メートル程のシマトネリコを植えました。順調に生育していましたが。二年前に隣にあるヤマボウシにオコゼが大量に発生したので、殺虫剤スミチオンを散布少し濃い目であったと記憶しています。以後新芽が吹かず寂しいぐらいです。枯れてはいません、ちなみに今年は先端に花が咲きました。質問は樹高があまり高くなりすぎたので、三分の一ぐらいに切りたいと思いますが、下から芽が吹くか心配です。
ご意見をお願いします。
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔