シマトネリコ 育て方
庭木 シマトネリコ


トップページシマトネリコ 病気シマトネリコの病気とは

シマトネリコ 病気

昔は熱帯性の観葉植物として取り扱われていたシマトネリコ
ですが、気候温暖化で日本も熱帯になりつつあるのか?
日本でもたくさんの家庭で育てられています。

シマトリネコは案外丈夫な植物ですが、夏は少雨や暑さにより
葉がおちることが、ままあります。
害虫の影響ということもありますし、東海地方であれば冬に
落葉することもあります。
これだけで一概に病気とは言えません。

まれに、新しい葉が食べられて軸の部分だけ残っていたり、
ところどころににくもの糸のようなものができたり、新しい
葉以外の葉にも網目のようなものがところどころに出ることが
あります。

日当たりには問題がなければ、害虫を疑うかもし害虫がいな
ければ葉が落ちた時期に石灰硫黄剤を幹や枝に塗って予防処理
をするといいでしょう。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔